2018年9月25日火曜日

2018/09/25 【今夜のグリーンオアシスです~素敵なひと時を~】


今夜のグリーンオアシスです
素敵なひと時をいのちの森のレストラン~グリーンオアシス~
で過ごしませんか?
お客様のご要望に合わせた様々なメニューをご用意しております。
水輪ナチュラルファームで採れた無農薬・無肥料の安心安全のお野菜を使用し、
主食のご飯は体に良く、とても消化の良い酵素玄米とお好みで白米、

          調味料は添加物・保存料不使用のものを使い、
         味噌(自然農園で採れる農薬不使用の大豆を使用)、
       梅干し、ジャム、漬け物(野沢菜漬けなど)、天然酵母パン、
               などは自家製手作り品です。


飲み物は農薬を使用しない人参100%でつくるしぼりたて人参ジュース、
地元のエコファームに認可されている100%リンゴジュース、
ハーブティは自然農園の薬草園から採れる
フレッシュハーブ(ボディセラピーにはハーブティーが付いています)
を召し上がっていただいております。

アルコールも癒しの一つで、ご希望のあるお客様には
添加物を使用しない地元長野のワインや
そば焼酎を始め、ビールはエビスビールをお出ししています。


詳細はホームページをご覧ください

2018年9月24日月曜日

2018/09/24 【いのちの森でゆっくりティーサロン楽しみませんか?】


全て手作り厳選素、森のレストラン「グリーンオアシス」では、
敷地内の水輪ナチュラルファーム光の水自然農園の採れたてお野菜、
厳選した安全な素材を使い、ご予約でお料理をお出ししてきました

また、同様にいのちの森ティーサロンにて、水輪ナチュラルファーム光の水自然農園の作物を使い、安心安全味は最高なティータイムを提供しています。
 
グリーンオアシス店内はもちろん、木漏れ日が心地よいお庭で小鳥の声を聞きながら、白樺林で植物達の生命エネルギーを感じながらのお茶やお菓子、軽食を味わっていただけます
詳しくはこちら→http://www.suirin.com/



2018年9月22日土曜日

2018/09/22【こけ玉教室 随時受付中です】


館内に飾られているこけ玉を、自然農園に自生する山野草を使って実際に手作りします。
コケ玉には小さな宇宙があります。この小さなコケ玉の中に、枯れてはまた芽生え、育ち、花をつけ、実をつけ、そしてまた枯れていく・・・と言った命の循環があります。何といっても鉢植えと違った愛らしさがあります。お部屋やトイレの中などちょっとした所においても何とも言えない味わいがあり、こけ玉を一つ置くだけでお部屋の雰囲気が違ってきます。散策しながらお好きな山野草(紅葉、松、つゆくさ…)などを採取し、あなたのこけ玉を作ってみましょう。冬でも苗をポットで育てていますので一年中こけ玉作りは可能です。お泊りになられてこけ玉作りもとても楽しいです。
こけ玉1個1500円 2個2500円
1時間程あれば2個作ることができます。お土産にどうぞ。
日帰りの方 ¥3,000
水輪宿泊の方 ¥2,500 
(こけ玉2個材料費込み。追加のこけ玉個につき1500円、いのちの森を散策しながらの山野草、実生取り講師費含む)
~お客様の感想~
植物や土や苔に触れていると、心が穏やかになりました。すてきなおみやげができました。(S.M)
とてもおもいがけない涼しさを味わいました。心にかけて可愛がりたいです。
(T.K)

お申込み随時受付中です
詳しくはこちら→http://www.suirin.com/therapy/20kokedama/fr-kokedama.html


2018年9月21日金曜日

2018/09/21 NHKシルクロード 世界の音楽アーティスト 喜多朗さんのお話を聞いて①


NHKシルクロードで知られる世界の音楽アーティストである喜多朗さんは水輪と深い関わりがあります。
今年の8月11日には、いのちの森音楽祭で共演コンサートまで実現しました。
先日、その喜多朗さんを囲んで、生き方働き方学校の青少年と交流する機会をいただきました。
そのお話の中で学んだことと、いくつか感想をご紹介させていただきます。

≪喜多朗さんのお話に出てきた学びのお言葉≫

・1から10の法則
 物事は1から始まり10で終わる
 必ず1から10までやり通す
 5や6、プロセスの途中でやめてはいけない
 1で始まったものを10までやり通し、完成完了したときに「ありがとう」の言葉が生まれる
 そのありがとうの「とう」は10の「とう」

・鏡の法則
 自分が嫌だなと思うと、相手も自分のことを嫌だなと思う
 相手は常に自分の鏡
 自分がどう向き合うかによって全ては決まる

・あきらめない
 何事も絶対に諦めない
 妥協せずに完璧を求め続ける
 途中で諦めたらふりだしに戻るだけだ

・物事は考え方次第、何事も楽しむ
 どんな逆境も、どんな困難も楽しめばよい
 そして、体験させて頂いていることに対して常に感謝する

・他者を想う
 自分の利益、損得を中心に行動するのではない
 常に他者を想い、思いやりの心を大切にする
 そうすることで世界は平和へとつながっていき、最後は自分が幸せになる


そして喜多朗さんは「音は見るもの、絵は聴くこと」とおっしゃっていました。
芸術的感性に圧倒されながらも、大事なのは、その人の「生き方」なのだと喜多朗さんのお話を聞いてわかりました。
そして喜多朗さんは何を音楽を通して伝えたいのかという質問に、
「世界平和の祈りの音を奏でている」と答えておられました。

自らの体験から出た本物のお言葉に、深さを感じ、皆とても良い時間を過ごさせていただきました。
私たちも日々どういう気持ちで生きていくかを改めて考え、これからも精進していきたいと思います。
今回は貴重なお時間本当にありがとうございました。

次回のブログには、何名かの感想文を載せたいと思います。