2018年4月25日水曜日

【脳外科医・脳科学者に聞く脳のお話】

【脳外科医・脳科学者に聞く脳のお話】

昭和大学医学部名誉教授(脳神経外科医)、さがみリハビリテーション病院顧問(脳神経外科・もの忘れ外来)の藤本司先生による、『脳外科医・脳科学者に聞く、脳のお話』
お申込み受付中です!

開催日時→2018年 6月16から(土)~17日(日)                    

第1回のテーマは
「考え方・意識の大切さ」
 ・脳をイキイキさせる家事
 ・畑仕事や植物を育てる
 ・なぜ時間指定が大切か
 ・ポジティブはなぜよいか

≪1日目≫
脳外科医・脳科学者からみた
「考え方・意識の持ち方の重要性」

①意識することや気づきの大切
→自分をコントロールするのにとても大事
②思いやイメージがどのように体や心に反映されるか
→脳は現実と想像を区別できない?
 梅干しを想像すると勝手に唾が口の中に広がる…
 イメージトレーニングはスポーツ選手以外にも応用できる
③一日一日を振り返り、日記を書くことも大切
④時間指定して取り組むことが、脳にどんなよい影響を与えるのか?
⑤ポジティブに考えることが、脳にどんなよい影響を与えるのか?  他

≪2日目≫
脳外科医・脳科学者からみた
「日常的な運動による脳の活性化・健康効果」

①脳をボケさせる家事、脳をイキイキさせる家事とは何か
(お掃除編・お料理編・人間関係編・洗濯編・買い物編)
②脳を活性化する呼吸を日常生活に取り入れる
→呼吸法を効果的に取り入れることでストレスに強くなり、意志力の保有力が増える
③畑仕事や植物を育てることが、脳にどんなよい影響をあたえるのか?
→記憶力やメンタル面にもよい影響?
 五感への様々な心地よい刺激も…  他


脳に関すること、考え方、意識の重要性など、興味深いお話が盛り沢山です。
ぜひご参加ください。

詳しくはこちら→http://www.suirin.com/index.html
お申し込みはこちら→https://business.form-mailer.jp/fms/5e2d6e9d15046

お待ちしております!