2017年7月28日金曜日


光の水通信  ~ はじめまして ~

 いのちの森水輪 水輪ナチュラルファーム光の水自然農園 です。当農園は、信州飯綱高原の飯綱山の麓(標高1,050m)、10年以上の休耕地 (5ha)を開墾し2003年に開園しました。


 当農園は、代表の塩澤夫妻の、重度の脳障害をもつ娘のさおりさんに、少しでも安全なお野菜を食べさせたいという思いをきっかけに、開園以来、化学合成農薬、化学肥料、鶏糞・牛糞などの動物性肥料を一切使用せず、無農薬・無肥料の自然栽培を実践しております。近隣にも畑が無いため、農薬の飛散の影響も全くありません。安心・安全・味は最高のお野菜です。
 また、遺伝子の操作はじめ、人間のエゴによる過ちが、地球のいのちのシステムを狂わせてしまい、食糧危機、心身の病気の蔓延など、さまざまな問題が起こってきているなかで、ここでは、自家採種に挑戦し、自然との循環・調和をめざしています。


 わたしたちのやっていることは、まだまだ不完全で、いまは、やっと不調和な状態になっていることに気づき、一つひとつ改善しているところであり、真の大調和へ向かうプロセスだと思っております。
 しかし、ここからお野菜(いのち)を発信することによって、より多くの人が、“本物”とはなにかというところに意識を向けられていくことを願っております。また、今回のように、そのような方々ともっと交流する機会ができればと思っております。
 今後ともよろしくお願い致します。

水輪ナチュラルファーム光の水自然農園
農場長 小泉