2017年1月10日火曜日

2017/1/9 「静かに、でも確かに」


飯綱では雪が降って、あたりはすっかり銀世界。いよいよ真冬に突入です。葉っぱが散って丸裸になった木々は少し寂し気で、冬の山々は静寂につつまれています。一見静かで寂しく見える冬の植物たち。けれど近くによってよーく見てみると・・・、寂しいなんてとんでもない。そこにはエネルギッシュないのちたちが春に備えています。

今にもはちきれそうなあじさいやつつじの新芽。寒く厳しい冬に耐えながら静かに、でも確かにかれらは生きています。そんな健気ないのちたちを見ていると、なんだかこちらも生きる力が沸いてきます。大自然のいのちたちに感謝感謝です。