2016年12月19日月曜日

2016/12/19 「守るべき伝統みそづくり」


いのちの森の冬の一大イベントの一つ、みそづくりが行われました!いのちの森光の水農園からとれた無農薬の大豆と、無農薬の田んぼのお米からとれた麹でつくるお味噌はお客様からも大人気です!
まずは豆を洗い、水に浸して豆を戻します。次に煮て柔らかくなった豆を味噌すりきにかけ、豆をペースト状にします。そしたらよく麹と塩をまぜあわせ、あつあつの豆ペーストと混ぜ合わせます。この混ぜ合わせるのがとにかく大変です。よーくこねないとまぜあわされないのでみんな力一杯こねます。今回は125㌔の豆を味噌にして合計500㌔の味噌をつくりました。朝一から片付けまで含めると丸一日かかりますが、みんなで声をかけあって力をあわせてつくりました。
おそらく皆さんも毎日みそ汁などで口にしているかとは思いますが、味噌は保存がきくうえに、体にも非常に良く、がんや生活習慣病の防止にも効果があることが科学的にも証明されています。まさに昔の人々の生きていくための知恵の結晶です。私たちもその知恵を絶やさず引き継いでいきたいと思います。いのちの森は古き良き伝統を守っていきます。
レストラングリーンオアシスでは自家製味噌をつくったオリジナル料理をたくさんお出ししています。また、朝食でお出しする畑のお野菜のみそ汁も実は隠れた人気者です。なんともいえない心がホッとする美味しさです。
どうぞみなさんご賞味ください♪