2016年7月3日日曜日

杏子ジャム作り

みなさん、こんにちは!水輪はいま、梅雨の時期、真っただ中です。 少し肌寒く、日中は白い霧が高原に立ち込めている日もあります。畑には恵みの雨。 植物たちも雨に葉を濡らして、みずみずしく生き生きとしているように見えます。  今日は、厨房メンバーの田川さんとボランティアのかたでジャム作りをしました。 スグリ、と杏子でジャムを作りました。 スグリは水輪の敷地内に実っている実で、鮮やかな赤やむらさきいろの実で、そのまま食べると酸っぱい味がします。 そのままではすっぱすぎるので、スグリジャムにして、野菜定期コースのおまけにして皆様へお届けしたり、レストランでちゃのまるこパンと一緒にお出ししたりしています。  杏子は、ファームメンバーが採ってきてくれたもので、コンテナで2個分ありました。  青くてかたい杏子もあり、選別しながら、熟してだいだい色の実だけを、洗って、種を取り、刻んで、甜菜糖と一緒に鍋で煮つめます。 ビンに詰めて、できあがりです! 丁度、「直観力講座」に参加されていた、明村さんが、講座の後からボランティアとして滞在されました。たくさんの知恵を持たれた方と一緒に実習 させていただくことは、私たちの大きな学びになります。