2016年5月31日火曜日

よもぎ摘み


みなさん、こんにちは!!
水輪にも新緑の季節がおとずれています。
水輪の敷地の中を歩くだけで、草花の香りに心が癒され、リフレッシュされます。



今の季節の山野草の代表として、ヨモギ、があります。
最近は毎日、ヨモギの新芽をつみにでかけます。
先っぽのほうの葉の裏が白っぽくなっており、より香りの強い部分を摘みます。
ヨモギの葉を触ると、ひんやりと冷たく、しっとりとしていて、良い香りが鼻をつきます。
朝露と一緒に収穫したよもぎは、よーく煮て、重層で灰汁を出しじゃこなどと炒めて、おいしくいただきます。他にも、ヨモギ団子にしたり、いろいろとおいしくいただく方法があります。

ヨモギの効能は、お風呂に入れたりすると、アトピーや、湿疹などに効き、食べると体の中のあらゆる毒素を出し、(腸の中にたまっているダイオキシン、水銀など)、コレステロール値を下げ、冷え性を直し、貼れば、切り傷を直す、など昔から「ハーブの女王」とよばれるほど。
ヨモギは、蒸してよし、貼ってよし、嗅いで良し、食べてよし、燃やしてよし、と5拍子揃っている素晴らしい野草だそうです。

みなさんもぜひ、野原に出てヨモギを堪能しましょう!!