2016年3月18日金曜日

田んぼと芽吹き

飯綱高原にも春のだいぶ春の気配が近づいてきました。

水輪軍足田んぼでは、自然農法育でお米を育てています。
その田んぼにも春の兆しが見えてきました。

今年は暖冬だったとはいえ、一面真っ白だった田んぼにも春の芽吹きが見えてきました。

だんだんと畑実習も再開し始めています。
田んぼが運転再開するのももう少し。

夏は繁忙期で実践がメインですが、逆に冬は内面を深める時期でした。
冬の間に各々の課題や、目標などを深めたことを今度は実践する番です。

やり方だけでなく、あり方も重視するのが水輪流です。
いかにあり方を、実践に移せるか。
これからが本番です。