2016年2月26日金曜日

生き方の学校

生き方を学ぶことは食育にもつながる

最近夜更かしの原因が変わってきている。以前は外で夜遊びが多かったが、
現在は、家の中でメールや携帯電話、DVD、ゲームなどに向かっている。
自室にテレビがありつけっぱなしが多いという記事があった。

テレビが悪いのではなく見すぎが悪いのだ。

テレビをみながらの御飯は、会話もなくただ食べ子供は見たテレビの内容は覚えていても
食べた御飯の内容は覚えていないという。
また、ホテルのレストランで各自が別々のメニューの食事をするように、今の家庭は食事の内容までバラバラだ。
各自が好きなものを食べられるのはインスタント食があるため。

便利だが、便利だけがすべてじゃない。

忙しい忙しいとインスタント食で簡単に済ませる。
それでいいのか!
昔のお母さんたちは、子供たちに栄養のあるものを食べさせてあげたいおいしいものを食べさせてあげたいと、真心こめて作っていたはずだ。
私はお母さんと一緒に御飯作りや洗濯そうじなどお手伝いをしていたおかげで一人暮らしした時何不自由なく生活ができ自立ができた。

今の子供たちは家の手伝いは一切したことがない。洗濯の干し方すらわからないという人達も多い。
子供たちはゲーム―やパソコンに明け暮れるだけで作ってくれるありがたみ食べれるありがたみをもっと知ってほしい。
いのちの森水輪では、食事の作り方 洗濯のやり方や干し方、掃除などを実習を通して学ぶこと、やり方を学びあり方を学ぶそれが生き方を学ぶことが、自立への道!!

成人しても自立できない人が増えている今、いのちの森水輪が必要になってくる。