2016年1月2日土曜日

訪問看護士のNさん

2016年のさおりの日誌です
新しい年の始まり
さおりさんのいる『早穂理庵・母屋』は
みどり先生、スタッフ、研修生、実習生を含めて
13人と賑やかに新年を迎えました。
水輪全体ではお客様を含め約60名で迎えることができました。
感謝でいっぱいです!
『さおりさん』あっての水輪です
元気なさおりさんの笑顔をご覧ください。


訪問看護士のNさん



みなさま、こんにちは。12月に入り、一度は積もった雪も、最近は暖かい日が続きすっかり溶けてしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。今年も、残り1日を切りました。この一年、水輪にとっては、例年に無く色々な事が起きた年でした。しかし、そういった大変な時にこそ、淡々と毎日やるべきことをやり続けることが大切だと教わりました。

 先日、懐かしい方と、連絡を取ることができました。以前、訪問看護に来ていただいていた、Nさんです。日赤で、看護師長さんまでつとめ、退職された後、今は自宅を解放してショートステイステーションを開かれているそうです。

 常に、患者さんの立場に立たれて動かれてきたNさん。さおりさんとは、10年来の付き合いで、とってもかわいがってくださり、みどり先生の信頼も厚い方でした。

 退職された後も、さすが、Nさんらしい生き方をされているようです。

みどり先生も、電話越しからNさんの元気をいただいたようでした。

昨年のご報告になりましたが、いかがでしたでしょうか?
今年も元気なさおりさんのご報告をさせて頂きますので
どうぞご覧ください。
ありがとうございました


 
嬉しそうなさおりさん