2015年12月9日水曜日

ニンニク収穫

ニンニクが収穫の時期を迎えました。
 1粒だったニンニクの種が、6粒ほどがつまった1塊になっているのを見ると大地のすばらしさに感動します。

 どんな野菜も1粒の種から育ちます。
1粒の小さな種が、大地のエネルギー、太陽のエネルギーをいっぱいに吸収し、立派な野菜に育つ。
 改めて考えてみると、とてもすごいことだと思います。

 肥料も農薬も使わずに野菜が育つということは、私が水輪に来る前までは信じられませんでした。
 植物を育てるには、必ず肥料を入れますし、入れなければ、ひょろひょろのものしか育たないという思いがありました。

 しかし、水輪では立派な、安心安全で味も最高な野菜ができています。
 肥料や農薬がなくても野菜はできるんです。
 大地にしっかりと根を張り自分の力でぐんぐん大地のエネルギーを吸収し、大きな葉を広げ、太陽のエネルギーもいっぱいに受ける。
 自然界では当たり前のことなのですが、慣行農法ではその道から外れてしまっています。
 根っこががんばって栄養を吸い上げなくてもいいように、栄養満点の肥料を入れ、人の手入れが楽になるように農薬も使う。
 野菜も人間も甘やかした結果が、肥料や農薬がないと野菜は育たない、それが当たり前なんだという考えを作ってしまっているんだと思います。

 確かに自然農法は大変です。
しかし、お客様から市販の野菜とは味が全然違うというような喜びの声、驚きの声を聴くと、とてもうれしくやりがいがあります。

 水輪ナチュラルファーム光の水自然農園では、水輪の宿泊棟にお泊り頂いた方に、農園案内(冬季はお休み)をさせていただいております。
 レストランでは、ファームで取れたお野菜を使い、無添加の調味料、厳選素材にこだわった、お料理をお出ししています。
 ぜひ足を運んでいただき、本物の野菜を見て、聞いて、そして味わってみて下さい。