2015年11月2日月曜日

イタリアの秘境ダマヌールからお便りが届きました

ダマヌール日本代表のジュゴン・クスノキさんより、メールが届きました。

ダマヌールとは、国連から「グローバルな人間の共同社会フォーラム2005賞」を受賞し、持続可能な社会モデルとして認められた、イタリア政府公認の欧州最大のスピリチュアルコミュニティです。

そのダマヌールが今年、日本初になる石の螺旋を水輪に作ってくださいました。
また、来年から秘境物理学のセミナーも計画されています。
現在水輪のHPにも石の螺旋の紹介のページを作成中です。

そのジュゴンさんが今イタリアのダマヌールに帰省していて、お便りをくれました。
写真と一緒にご紹介させていただきます。

みどりさん、お元気ですか?
あと5日程で、来日します。
こちらは、秋の終わりのようで、アルプスの山に雪が積もっています。けれど、今年はこの時期には珍しく、雨が少なくて青空が見える日々が続いています。収穫の秋で、キノコや栗、新しいワインが出荷され始める時期なので、コミュニティの皆のために、ワインの特別価格の売り出しにフェニチェとともに出かけて、美味しいワインが50本が破格で買えたので、皆のためにストックをしました。今年は、栗も豊作で、焼き栗がとても美味しいです。
ダマヌールのある場所は、アルプスの麓の谷間なので、牛や山羊や羊の放牧がされているので、我々の車が通る道を牛飼いの人に連れられた牛の群れが歩いたり、横ぎったりする光景によく出くわします。
昨日のお昼過ぎに出かけたときに、牛の群れが横切るために我々の車を止めて待っている時に写真をとりましたので送ります。




ダマヌールの中にある螺旋の一つ。この螺旋は、球体を使う特別なお仕事をする人の意識が安定するために使うものです。




自然の精霊に捧げた小さな森の入り口で、太めの2人で写真を撮りました。




ダマヌールの最初に実現したコミュニティのお家は、外壁に綺麗な絵が描かれています。35年の間に、何度か書き直されてきましたが、現在は植物や昆虫の世界が拡大されて書かれています。それらは、私たちが全ての命との共存を忘れずに常に自覚を持って生きることと、芸術は私たちの魂への大切な滋養という観点から、日常的に芸術に囲まれて生活することで、特に子供たちへのよい感受性を育てることにつながるために描かれています。