2015年7月23日木曜日

本気の消防訓練

722日、いのちの森水輪で消防訓練が行われました。

本気の消防訓練です。

今日は宿泊のお客様もお泊りになっていて、一緒に消防訓練に参加して頂きました。

「練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで」

という、消防署の方の説明の通り、一所懸命、訓練に取り組みました。

実は去年の11月に起きた、大地震の時、この消防訓練をさせていただいていたお蔭で、

パニックを起こさずにお客様の誘導、スタッフの誘導がスムーズに出来ました。

今日の訓練を終えたあとに、具体的なアドバイスを頂きました。

天ぷら鍋に直接、消火器をかけてはいけない、油が飛び壁にも引火してしまうので、消化
器は壁に向きかけて、粉を鍋の中に落とす。

お客様の誘導時に玄関でお待ちしていただくのではなく例え少しの間でも火が回る可能性があるので、外に出ていただく。

人を担架で輸送する、頭から動くと搬送されている人は不安になるので、足から搬送する
ことなど、実践的なことも教えていただきました。

また消火器の使い方も教わり、いつでも、誰でもとっさ時に消火器が使えるように指導
していただきました。

ありがとうございました。