2015年3月19日木曜日

桜の木の救出

皆さんこんにちは、今日の畑の様子です。

 雪に埋もれてしまった桜の木の救出をしました。
ここ数日これをやっていたのですが、かなり桜の木が傷んでいました。特に今年は大雪で屋根のソーラーパネルも雪で傷んでしまいました。

雪が硬いので鉄のスコップを使用、ガツガツ削ると、木の枝が痛むので、とても慎重に優しく掘る必要があります。

桜の木は完全に埋まっており、掘る前は、そこにあるのか、不安になりますが、皆で信じて頑張りました。一人では途方もない作業も、皆でやればもちろん進みが早く、複数人でやる事の重要性を実感します。「ここにはないのでは」と言う声が聞こえ始めた頃に、見つかったりもしました。桜の木の枝が雪の中から出てくると、皆、うれしそうでした。

僕もやる気を増して掘りました、しかし、スコップの刺さりが悪く見てみると、
木の枝が傷ついました、やってしまいました。

 傷つけずに枝を出すのは非常に難しく、忍耐や努力、持続力が必要なことを感じたのですが、一緒に掘っていた、さんは傷つけずに枝を出せていました。僕もKさんを目標にして成長して行きたいな、Kさんのような淡々と出来る人になりたいと思いました。

掘っている途中で雪が降ってきたので終えました。その後皆でおいしく夕食を食べ、片付け今に至ります。

ありがとうございました。