2015年3月22日日曜日

森のいずみ 森のことり

皆さん、こんにちは。
3月でも雪深い水輪では、春の訪れを心待ちにしている小鳥たちが鳴きはじめています。



(ビニールハウスの準備)
今、畑では、ハウスのビニール張り、館内  厨房では冬期の締めくくりの片付けや、森のことり、森のいずみの
竣工式に向けての準備を進めています。
竣工式にお出しするメニュー立てと並行して畑メンバーは、作付計画を練っています。

山から降りると、新緑の5月。標高1000m
の飯綱の5月は芽吹きの季節。雪がとけて間もない頃です。
ビニールハウスが、大活躍してくれます。

今日は、厨房スタッフと畑のメンバーで
どんなお野菜をどの位育てるかというディスカッションをしています。

春菊のベリーリーフや野沢菜 青梗菜 カブなど、春の自然農にお野菜を、皆さんに食べて頂くため
試行錯誤しながら進めています。

竣工式では、体に優しく、いのちの力を感じる。
生きる力が湧いてくるようなお食事を召し上がって頂きたい。
そんな思いで、皆で力を合わせ、心を合わせ、頑張っていきたいと思っています。