2015年1月26日月曜日

おしぼりうどん

皆様こんにちは。TREプラクティショナーコースレベル2が無事終了し、またしても笑顔でお帰りになる受講されたみなさんをお送りすることができました。水輪にお越しの皆様、本当にありがとうございました。長野に来て驚いたことは、大根の種類がたくさんあることです 水輪では、千都大根 くら大根 紅しぐれ大根が普通の大根として食べられているものです。 おろし大根として食べられているものは、ネズミ大根 あかすじ大根 飯綱青大根 信州地大根 たたら辛み大根 しょうごいん大根などなど。本当にたくさんあります。  冬場のお料理には、旬の美味しくみずみずしい大根をふんだんに使います。あえ物や煮物、風呂吹き大根や大根ステーキ、冷たいお蕎麦や、うどんにも薬味にまぜてのせちゃいます。なかでも本当にびっくり感動したのが、飯綱青大根で作った「おしぼりうどん」です。このブログにも何度も写真がのっていて、おなじみのお料理です。 長野は山に囲まれた土地。うどんのだしは、カツオ 昆布ではなく、大根の搾り汁に味噌をとき食べていたそうです。ほんとうは、ネズミ大根などの辛み大根で作るのですが、飯綱青大根に味噌をといていったときの甘さがたまらなく美味しく、ゆずの香りも本当に上品なうどんのつけ汁になっていて大好きなお料理のひとつです。

  担当:鷲尾