2015年1月13日火曜日

心の病とやさしい心理学のご紹介

みなさま、こんばんは。
今日は、家族、友人、部下のことでお悩みの方へぜひご参加頂きたいセミナーのご紹介をさせていただきたいと思います。
今、時代は沢山の問題を抱えています。問題を抱えた方が増えています。
わたしは東京から長野に移り住み、丸5年が経ちました。都会での生活は、「人」「物」「情報」に溢れています。
多くの若者は、その中で一体何が本当に大切なことかが分からずに物や、ファッション、映画 音楽・・そういった、一時的に満たしてくれるものに必死にしがみついている。
もし、自分の子供、夫または友人が昼夜逆転の生活・ひきこもり・うつ・平気でうそをつく・不登校・被害者意識・性格が豹変する・精神年齢が人より幼い・ミスが多い。
忘れ物が多い・依存症などでお困りの方がいらっしゃいましたら井上弘寿先生の「心の病とやさしい心理学」にご参加しませんか。
または声をかけてみてはいかがでしょうか。
井上先生は自治医科大学大学院医学研究科の博士課程に在籍中です。
自治医科大学付属病院などで、精神科臨床に携わるとともに、「東日本大震災が精神疾患患者に与えた影響に関する研究」「アメリカ精神医学会による最新の診断部類であるDSM-5のパーソナリティ障害に関する研究などを行なってきた。
ここいのちの森に、滞在している仲間はそれぞれの課題、または病を克服するために、さまざまな講義を通し、教えて頂いたことを毎日の生活やお仕事、実習に実践として落とし込んでいます。
その一つとしてこの井上先生のセミナーはとっても心、お薬、また病の深層心理を知る上でとっても重要な時間としてわたしたちも参加させて頂いています。実際にここ、いのちの森で回復を遂げている最中の本人の体験談や、具体的にこんなことで悩んでいる、こういった状況ではどう対処したらよいのかを聞く質疑応答も皆にとって学びの時間になります。
病気を抱えた本人側、また関わる側の方も両方がいることでお互いの気持ちを分かるきっかけとなります。解決の糸口が見つけられずに何年もお悩みの方。
ぜひお待ちしております。

時・4月18,19日
参加費・27000円
お申し込み・いのちの森文化財団 026-239-0010

 詳細はコチラをご覧ください。

担当:小林