2014年12月22日月曜日

ばんぺいゆ

飯綱では10年ぶりの大雪が降りあっという間にあたり一面真っ白になりました。そんな飯綱に毎年送っていただく晩白柚が九州から届きました。いつもいつも細川様ありがとうございます。晩白柚は、すぐ食べるのではなくしばらくお部屋で保管し香水のような香りがしてきたら食べごろという何とも日本人らしい果物。なぜ日本人らしいかというと昔の日本人は大木に花が咲きやがては実をつける。いつ落ちるかわからない実が落ちてくるのを大木の下でじっくりと座って待つ。その時が来るまで待つマイペースな日本人の心を忘れないように。晩白柚もその時が来るまでじっくりと待ちたいと思います。


担当:平岡