2014年9月3日水曜日

いのちの森は音楽でいっぱい

201493    いのちの森は音楽でいっぱいです
 皆様こんにちは。
アシスタントスタッフの飛田航介と申します。
来たる9月5日に、いのちの森水輪にて音楽祭が開かれます。
今、私は毎日、一日の業務が終わった後、ダンスの特訓をしています。
なぜなら、音楽祭でダンスを披露するという幸運に恵まれたからです。
私は、ものごごろついた頃から、音楽と共に育ってきたように思います。
少年の頃は、踊りに明け暮れていました。
そして、様々な紆余曲折を経て今、いのちの森へたどり着いたのですが、
ここへ来て気づいたことがあり、それは、いのちの森の大自然は音楽でいっぱいだということです。
夏の夜、いのちの森水輪ナチュラルファームの虫たちが奏でる大オーケストラは音楽以外の何物でもありません。
私は、長年音楽に触れてきたことから、身の回りに起こる音を音楽、又はリズムとして聞いていることに気づきました。
いのちの森の実習生たちが、今に成りきって実習をし、歯切れ良く、キビキビと動いている時に繰り出す音は、爽快なリズムに溢れています。
そんな中で、私が「いのちの森音楽祭」でダンスを披露させて頂くことになりました。
私は、皆の日々の生き様を代表して、やらさせていただこうと思います。
そう思えば勇気100倍です。
皆様、是非来てくださいませ。
共に素晴らしい音楽祭にしましょう!