2014年8月13日水曜日

火祭の感想



 先日、飯綱で、毎年恒例の火祭が行われました。
 水輪での火祭ステイに参加してくださった方の感想文をご紹介いたします。

「火祭」に初めて参加しました。時折激しく降り落ちてくる雨の中、見ているだけで動かぬ体に寒さがしのびよってくるころに小山のような杉の葉に火がつけられました。雨にぬれた杉の葉がしばらくしてやっと燃え始めたのと前後して風の向きが順次変わり始め、煙や火の粉がまるで見ている人にまんべんなく降り注ぐような不思議な体験をすることができました。その後見事にすっきりと雨があがり、素晴らしいコンサートを見ることができました。とても感動的な一夜でした。また参加させてください。(K.M)

 雨の中をスタッフの方が参加者の為に最善の対応をしてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。昨年に続き、2回目の参加ですが、また心に残る「火祭」となりました。主人も来年もまた来たいと言ってくれました。私は何より嬉しいです。二胡の演奏が大好きになりました。水の気と二胡の音色のゆらぎに心が癒されました。雄太くんの歌声はきれいですね。彼の力はもっと伸びると思います。心に自信をつけて、響きわたる歌声で魂に語ってほしいです。また聞かせてほしいです。スタッフのみなさんありがとうございます。(S.M)