2014年7月14日月曜日

スタッフ実習生のよるごはん



はじめまして。水輪実習生のヨウコです。主に館内とさおりさんのケアの方で、
お仕事をさせていただいております。水輪に来てだいたい1年ぐらいです。
ここでの食生活にまつわることを、少しでも皆様の中にお伝えできたらいいな、と
思います。よろしくお願いします。

今日も、みんなが館内清掃、事務、畑作業、さおりさんのケア…
それぞれの部署で汗を流しながらめいっぱい頑張っている午後、アウトドアの厨房で、
なかまを思いながら、愛情たっぷりの手作りお料理を作ってる方々もいます。
かくいう私も、客室清掃をしている時、
開いている窓から美味しそうな香ばしい匂いがして、
「美味しいごはんが待っている!がんばろう…」と思えました。

この食事作りですが、なかなか、かなりの集中力、気力がいると思います。
主婦の読者の方もいらっしゃると思いますが、料理って、メニューにもよりますが、
作るのはなかなか時間がかかります。ひとつ下ごしらえするにしても。

今日は、お客様がいらっしゃらなかったので、
厨房スタッフの鷲尾さんと、よく食事作りの補佐をして下さる、実習生のKさん
の二人が、つくってくれました。
鷲尾さんは、「みんな」に美味しいものを食べさせてあげたい…という精神の持ち主で、
スタッフ実習生に対し、非常に仲間意識を持っています。
Kさんも、今日は淡々と素早く鷲尾さんの補佐をし、30人のスタッフ達の食べる、
ものすごい量の野菜を切ってくれました。
彼女は最近、感謝をしても、指摘をしても、何かお願いしても、
「ありがとう」と言ってくれます。みんなそれぞれの考えを、教えてくれたから
「ありがとう」なんだそうです。すばらしい心だな、と思います。

みんながみんなのために
みんなのものはひとりのもの
ひとりのものはみんなのもの

そんな、利他の心と、仲間意識をひしひしと感じました。
心も満たされる、すばらしい夕食です。



















      担当 Y.I