2013年2月5日火曜日

2013年2月5日 ブログにて御礼申し上げます

多くの皆様からお便り、ご支援、ご寄付を頂き、ありがとうございます。
ブログをもって御礼とさせて頂きます。
ありがとうございます。

塩澤みどり様
 今朝ほどは、お電話を頂き、今またメールをありがとうございました。妻M子と共に「嬉しい!なんとありがたい! かたじけない!」と感動し、今更のように宇宙様の大きなお計らいに驚き感謝しております。
 実は先週11月26日から愛知医科大学の看護学部で、《人間学》の講義が始まったところで、あと3日、10日、17日と毎回3時間の講義が続きます。それと9月から10月一杯あった中部看護専門学校の講義のレポート到着待ち(採点をふくむ)です。でも、何とか締め切りの期日に間に合うように頑張りたく思います。
 内容につきましては、今一番願っていることは「人間に秘められた驚くべきいのちの深さ・素晴らしさ」と「どうしたらその素晴らしいいのちが眼覚め、発揮されはじめるか」というテーマで、それを馬場自身の人生体験と、馬場が出会ってきた人たち、特に若い人たちの眼ざめの体験などに基づいて、皆さんにお伝えし、ご一緒に話し合いたいということです。それでいいでしょうか?表題は「人間に秘められたいのちの驚くべき深さ・素晴らしさとその発揮への道」というようなことになるかと思いますがいかがでしょうか?
 もう一つ、お電話でも申しましたが、妻が長年看護の教員でありつづけてきたところから、看護の方々との学びが長く、教えられたことを、いくつかの看護学校や、看護師の方たちの集まりでお話ししてきました。そのほうでの「人間理解」のあり方も、私の大きなテーマです。
 それで、現在手許にある講演や講義の資料、専門誌に投稿したもののコピーなどを近じかお送りさせていただこうと思います。ご参考にしてくださればありがたいです。
 どうぞよろしくお願いします。 12月2日  T・B

水輪スタッフの皆さま
ご無沙汰しております。皆さま日々大切な時間をお過ごしのことと思います。
暮れの片づけをしているところですが、
頂いたり数回しか着ていないTシャツが出てきました。
男性用ですが、首回りが少し小さめかもしれません。それでも肌着代わりになるかなと思い、使っていただけるなら送らせて頂こうかとメールしました。
他に白のフェイスタオルとボールペンが少しあります。
少しずつ貯めたもので、気持ちばかりです。差し支えなければ一緒に、必要無ければ止めておきますので遠慮なく仰って下さい。
長女は社会人として独立しひとり暮らしをし、
次女は春に短大卒業ですが、進路模索中です。ただこの二年間親元を離れての成長を感じています。
三女は大学進学が決まり、春からひとりで生活します。
子が親に甘えるのは当たり前、それでもある年齢までかなと思います。親も子に甘えてます。それも自覚してるかしてないかで、子の成長に大きな影響があります。年齢と共に割合が変化しますよね。本当に子供たちに育ててもらってます。
今月はお歳暮バイトで忙しくしています。忙しくなると、より色々やりたくなります。
では、必要であればご連絡お願いいたします。
皆さま、どうぞお体大切にお過ごし下さい。A・S

水輪の皆様、昨日は、大変お世話になりました。
私たちのコンサートが、無事に成功するよう、会場等、細かい点までご配慮いただき、ありがとうございました。
私共は、聞いていただく皆様に喜んでもらえるよう頑張ったつもりですが、逆に、自分たちが喜びや幸せをいただいたように思います。
あの空間で歌わせていただけること自体が、私にとっては、この上ない幸せであります。リハーサルの時から楽しんでいました(笑)
ただ、自分たちは、十分に楽しむことができたのですが、聞いている皆さんにとっては、どうだったかが気になるところです。
選曲や時間の長さ、反省点が残ります。聞いている方々が、その時間を飽きずに楽しめるよう、もう少し考えた方がよかったな・・・と。
また、感想などありましたら、お知らせ下さい。
スタッフの方々には、お忙しい中、最後まで付き合っていただき、ありがとうございました。
いろいろなお話しをお聞きすることができ、今まで知らなかったことを知り、改めて感動いたしました。
これまでにも、スタッフの皆様のひたむきさ、純粋さ、温かさを感じてはいましたが、それが、今に集中して生きる「厳しさ」からくるものなのだと分かりました。
支え合いとか思いやりとか、そういったものだけで成り立っていると勘違いしていた自分であります。
スタッフの方々の役回りについても、そのご苦労や大変さは、想像を超えるものだろうなぁと察します。
けれど、多くの悩める子どもたちを救い、その子たちの魂をより強く美しく磨き上げようと、本気で向き合っているからこそ出来るのだろうと思いました。
「今に集中」この理念は、教育現場にも大事ではないだろうかと考えているところです。
正直、教育は「目標や夢をもって」とか、「今の自分をこえていこう」とか未来や将来を見据えて進めているところがありますので・・・
もっと、お話しを聞きたかったなぁ。
また、次回、お話しをお聞きできることを楽しみにしています。
それまでに、自分なりに考え勉強してみたいと思います。
クリスマススペシャルディナーもとてもおいしかったです。
いただいたお野菜も、今日、早速食べました。
二人で「やっぱり、おいしいよねぇ。」と話したところです。
まだまだお忙しい日々が続くかと思いますが、皆様、お身体をいたわり、お元気でお過ごし下さい。
そして、良いお年をお迎え下さい。
Y・T


塩澤研一・みどり様
「水輪」スタッフの皆様
ご無沙汰しています。
今年も、もう2月を迎えようとしています。
いつもいろいろな通信で、水輪を中心に大切な「いのち」のために事業を企画し、発展させていくこと、すばらしいことだと思います。遠くから」、応援させていただきます。
昨年の通信の中で、こんな物があればという事がありましたので、我が家で集めてみまし
男性用の衣類は、甥が使っていたものです。
スキー用ウェアは、私が洗濯からもどってきた時のしまい方が悪く、一部分破損してしまったものをなおしたものです。その他、新しいタオルは、友人からいただいた物、畑に使っていただくものなどを送ります。コットン毛布は私が水泳部の顧問をしている時に、大会に持参していたものです。
最近は100歳になる母を在宅で姉妹で介護をしています。私も昨年、古希を迎えました。まだ、福祉施設でのボランティア、特別支援学級での介添員、知的障害者サークルでの陸上、スキーの指導をしています。暖かくなりましたら、さおりさんに会いに行きたいと思います。寒さが続くおり、お元気でおすごし下さい。 E・O