2012年11月15日木曜日

2012年11月15日 みんなで漬けた、水輪名物野沢菜漬け!

毎年恒例の野沢菜漬けの季節が来ました。

みんなで無農薬、無肥料の野沢菜を畑から収穫して、いっせいに洗います。

野沢菜漬けは漬けてたるから出したらそのまま食べるものなので、念入りにたるで3回洗います。

みんなでわいわいやりながら、心をこめて野沢菜をあらって、最後は研先生が石垣の塩、畑の鷹の爪で味を仕込んでいきます。

また今までは買ってきたものしか食べたことのない水輪実習生にとっては、収穫し、洗い、漬けて、それを食べるという本物の体験する機会となります。野沢菜漬けを作るのには冷たい水でしっかり野沢菜を洗う行程を3回繰り返します。いつもはぱくぱく食べるだけの漬物ですが、作るのには手間隙かけて、こころをこめなければおいしいものはできないのです。

これから冬の寒さの中、じっくりと寝かせて乳酸菌発酵させて、1月下旬から2月中旬に食べごろになります。

お越しいただいたお客様にお召上がりいただきますが、一度食べてみたいという方はお問合せ下さい。