2012年4月2日月曜日

2012年4月2日 泣かないでトーンズを見て

昨日はお誕生会でした。

いつもはカラオケや寸劇などでみんなで大騒ぎするのですが、
昨日の誕生日会では「泣かないでトーンズ」という特別なドキュメンタリーを見させて頂きました。

泣かないでトーンズの舞台は世界で最も貧しい地域といわれるスーダンのトーンズです。
韓国の医師イ・テソク神父がその地で生涯をかけて、
現地のアフリカの人々のために医療・教育などにあたります。

テソク神父は最後は全身にがんを患い、48歳のときに韓国で亡くなるのですが、
その直前まで全身全霊でトーンズの人々のために尽力されました。

アフリカでは内線や貧困によるケガや病、ハンセン病患者が多数おり、
テソク神父は彼らの治療や教育に全力であたっていました。
現地の人々のために病院を建て、学校を作り、音楽隊を組織し、
テソク神父はまさにトーンズの人々の希望の光でした。

テソク神父は言っています。
「彼らと一緒にいることが大切なのだ。」
「楽器を吹くためには、まずやさしい気持ちでいること」
彼の語る言葉は愛にあふれています。

自分がガンであることを不幸に思うのではなく、いつもアフリカの人々のことを思っていました。

彼が亡くなった後も、トーンズの人々の心の中にはテソク神父が生き続けており、
テソク神父が作った音楽隊が、彼の死を追悼し、町中を演奏しながら行進します。

その行進に町の人々が加わり、兵隊も彼らの行進を止めることはありませんでした。
テソク神父は亡くなりましたが、トーンズの人々の心の中には、
テソク神父の愛とやさしさが今も生き続けています。

私達はこのテレビを見て何を学ぶのでしょうか。
私たちが生きていく上で本当に大切なこと、人として愛を実践するとはどういうことなのか、
テソク神父が人生をかけて私たちに教えてくれています。

貴重なテレビを見させていただきました。

機会があるごとに何回も見て、大切なことを忘れないようにしたいと思います。

また、今自分にできること、今の自分の人生に何が大切なのか、
そこにテソク神父の意志を忘れないように、
自分たちが生きてゆくことも大切なことだと思いました。