2012年4月12日木曜日

2012年4月12日 小旅行に行ってきました。

今回は様々な状況が重なり、スタッフ・実習生で一泊旅行にでかけました。

旅行と言っても、観光旅行ではなく、
実習の一環として、お掃除などのボランティアを体験したのですが、
みな一生懸命実習に取り組んでいました。

夜は昼間の疲れをいやす懇親会です。

鮨長さんというおすし屋さんでおすしをごちそうになり、そのあとはイタリアンでデザートを頂きました。

普段私達は水輪にお越しになられるお客様のお食事を片付けたり、お皿を洗ったりしていますので、こういう外食の時も、いつものようにてきぱきとみんなで食器をまとめて片付けていきます。

普段水輪で行っていることが、こういう場面で活かされています。

日常のなにげないこと。お掃除すること、お料理、片付け、当たり前のことを当たり前にきちんとできること。

現代社会ではこの当たり前のことがなかなか難しい時代になってきていますが、水輪では生きて行く上で、こういう日常的なことを大事な基本的なこととしてとらえ、日々実践の中で体験していっています。

またこういう若者が今の日本を支えているのだなと実感した1日でした。