2012年3月30日金曜日

2012年3月30日

 皆様、こんにちは。

 今日は、さおりさんの事をおはなしします。

 さおりさんは、重度の脳しょうがいを生まれるときに負ってきました。

 さおりさんは、生まれる前にこのからだを自分で選んで、生まれてきたそうです。

 話せない、歩けない、自分で食べることができない、排泄することができないという、
 この体に生まれるということはどういうことでしょうか。

 生きていること自体が修行のようなものではないでしょうか。
 おかあさん、おなかすいた。背中がかゆいの。おなかいたい。
 それら、ちょっとしたことを言葉で伝える事ができないのです。
 
 まわりにいる私たちが、心の目や耳を全開にしていないと、
 さおりさんの声にならない声はうけとれません。
 さおりさんの心の声を見逃さないよう、今にしっかりと生きていく事、
 心をまっさらにしてさおりさんに寄り添うことが、必要です。



 ともすると、さおりさんの小さな声は見逃されてしまいます。
 さおりさんは今、なんていっているんだろう。
 おなかが張って痛いのかな、と、さおりさんの身になって考えることで、
 福祉の心を学ばせていただいています。
 
 さおりさんは、4年前の入院のときに、肺炎にかかり重篤な状態になって、
 生死のさかいをさまよいました。
 治療のために、大量のステロイド剤とモルヒネを投与され、
 昏睡状態になったさおりさんは、約1ヶ月間ねむりつづけましたが、
 たくさんの方々の祈りによって奇跡的な回復をしました。
 
 虚空へ帰るところを、さおりさんは、私たちの学びのために帰ってきてくれたのです。 
 
 私はいつも入院の時のことを思い出し、
 死の淵から帰ってきてくれたさおりさんの命の大切さを想います。

 水輪アシスタントスタッフ 佐藤理恵