2012年1月14日土曜日

1月15日  「心の探求」の感想文紹介

みなさま、こんばんは

今日は、「心の探求」に参加された方の感想文をご紹介させていただきます。



埼玉県  k・kさん

  ありがとうございました。そしてごちそうさまでした。
  飯綱高原の冬は初めての体験、雪の世界が素晴らしい(夏は2回来ています)
  寒さ対策をしてきましたが、スタッフの皆様の暖かいご接待に心も
  身体もほっかほか、お世話になりました。
  3ヶ月前より膝を痛め、正座が出来ないのですが、このセミナーに出席。
  終わってみれば、わたしはやはりここに来て良かったのだと心より納得。
   
  宮島先生の一言一言が初めて知ること、なるほどとうなづくことばかり。
  そして一番心に響いたことは、相手が「教えて下さい」とも言わないのに
  本を読んだから、人に聞いたから、自分が体験したからといって
  知ったかぶりをして教えようとしない。
  ということでした。
  私は常に「これはすてき!」と思うとすぐひとに宣伝したくなるのです。
  自分がえとくしてないのに・・・
  「人を変えることは出来ない、自分が変わるしかない」
  と聞きました。  自分がそのすばらしい物を身につけた時
  自然とにじみでる、そこで「あなたどうしたの?すてきよ 教えて」
  となるものですよね。
  お経の読み方、作法がむずかしく、家で再現できるかちょっと不安ですが少しづつ
  やってみます。
  また参加したいです。



��・kさん、感想ありがとうございました。
次回は8月に行われます。ぜひいらしてください。


わたしも先生のお話は分かりやすく、とても学びになります。
今回私がお聞きしたことの中に、不殺生といいながら、蚊をたたいている。
本当に自分の中に落とし込んでいたら、蚊が肩に止まった時に
いったん手をとめ、吹くか払うかする。
そこに気づくかどうかが大切とおっしゃっていました。
その他のお話で一度失敗したことを二度も三度も繰り返さないそのためにはとにかく
死にものぐるいでことにあたる。

つまり、共通しているのは常に「意識的」になっているか。
気づくことが出来るかどうかだと思います。
日々今に生きること、頭に入っている知識を実践に移すこと。
私もこれから学んでいきたいと思います。