2011年11月2日水曜日

11月2日 これからのスタイル

みなさま、こんばんは。

今日は研先生から、これからのいのちの森のライフスタイルについて
「なるほど!」
と思ったことについてご紹介させていただきます。

今までに重視されてきたことは何か?

「食べる」
「見る」
「遊ぶ」

ということです。



しかし、これからのスタイルは

「「体験する」
「交流する」
「学ぶ」

ことだそうです。

これは、とても大切なことだと思います。



人間の中にはだれしもが持っている思いがあります。

「満たされたい」

「人間関係の苦しみをどうにかしたい」

そして、究極は

「愛されたい」
「愛したい」



いらして頂いたお客様にどんなおもてなしができるか??
��00人いれば100通りのおもてなしがある。

大いなる大地によって癒されるかもしれない。

風の音、鳥のさえずり、木々の揺らぐ音
そんな都会にはないナチュラルな静けさの中に大切なものを感じるかもしれない。

または、どんな思いで生きているのか?
大切にしているものは何か?

という、水輪のスタッフ・実習生との会話の交流の中から大切なことを思い出すかもしれない。

実習している姿を見ることで元気をもらえた。
若い時の情熱や大切だったものを思い出した

そういったお客様からの声も、度々頂くことがあります。


そして、数々の困難な体験を乗り越えてきた水輪の代表・塩沢みどり・研一との
交流では、深い学びや気づきを得ることができると思います。


ここに来られたお客様同士との交流もあります。

ゆっくりとただ過ごすことだけではなく
人と人が繋がる場として。

来られた方の命が輝く場として。

日常の慌しい生活の中で忘れかけていたものをもう一度思い出せる場として。


そんな空間を、これからもっともっと創っていきたいと思います。