2011年11月1日火曜日

11月1日  本当の「優しさ」と「強さ」

みなさん、こんばんは。

今朝「本当の優しさ」についての話がありました。

本当に優しいということは、「強さ」を兼ね備えていなければいけない・・・

色んなことに耐えうる強さ

救い上げることが出来るエネルギー



私は「優しい」ということは、相手の痛みを分かち合うことであり
共感することであると思っていた。

どんな相談にものることで、相手の痛みが和らげばと思っていた。

でも、それは違う。

水輪に来てから、本当の強さとはどういうことなのか?
本当に相手のためになるということはどうすればいいのか?
知りたいと思った。

本当によくなってもらいたいのなら、相手が超えていかなければいけないことを
ずばりと言える強さが必要だった。

どの人の中にもあるダイヤモンドの原石を信じ、言い続けること
待ち続けることが出来る忍耐力が必要だった。

嫌われたくない、うるさいと思われるんじゃないか?
そういった自分のエゴを手放す必要がある。



どれも、今までの私にはないものだった。
そして、本当にそれでいいのかが始めは分からなかった。

だけど、数々の奇跡を見せていただいた。
何度も何度もくじけそうになっていた人が、今は立ち上がる強さを得ている。

どこに行っても心を開かなかった子が、今は一生懸命に頑張っている。


薬を何十錠も服用していた人が今では見違えるように生き生きとし素晴らしい
本来の輝きが出ている。

本気で人と、関わる「強さ」「優しさ」が
人を変えていくことが分かった。

今は私もそんな人になりたいと強く願う。



水輪に来る前に、唯一そんな接し方をしてくれた友人がいた。
その時は、その有難みも分からず
ただただ、甘えていた。

今はその友人に心から「ありがとう」と感謝の思いで
いっぱいです。