2010年1月20日水曜日

めざせ  お菓子工房への道

皆様 こんばんは
厨房担当の矢野です。

今日は2回目となる、お菓子工房試作会が行われました。
講師は以前もご紹介した、信州自然菓子モンドールの安久井社長です。

プロのパティシエに直接お菓子作りを教わる贅沢かつ貴重な時間でした。
今日は「クレープ」です。

素早いプロの動きについていくので精一杯なのですが、さり気ない手作業一つ一つに感動しながら、
見逃さないよう必死です。
前回の「スポンジケーキ」も同様でしたが、“なるほどぉ さすがだなぁ”と、プロの技に驚きと尊敬を感じるのです。

クレープの生地が出来上がり、生地を寝かせている間、安久井社長が試作されたお菓子たちを
試食しつつ、水輪に合ったお菓子を考えていきます。

試作段階で全てお見せできませんが、ファームのトウモロコシで作ったクッキーです。
いかがですか、この美しい仕上がり、もちろんとってもおいしいです。

試食会の後は、先程のクレープを焼いていきます。
まず、安久井先生にお手本を見せていただいてから、焼いていきます。


クレープは今までも作ったことはありますが、プロの味とはこういうものなのかと身をもって
体験させていただきました。
安久井先生本当にありがとうございました。

先生の試作されたお菓子たちは、それはもう「おいしー、最高ー、しかも体によさそう」なお菓子たちなのです。
はやく皆様にも食べていただきたいーのですが、もう少しお待ち下さい。

次の「めざせ お菓子工房への道」をお楽しみに!!