2010年1月6日水曜日

1月6日 やどりぎ

水輪の敷地にある木の中には「やどりぎ」というものがあります。
またの名を寄生植物ともいわれ、
要するに普通に大きくなった木の枝に住み着いて、
枝から養分を吸収して成長して行く木のことです。



ヨーロッパではクリスマスツリーの飾りとして使われたりするのですが、
がんを抑制するという民間伝承もあります。
また、葉と若枝は薬草商の取り扱う商品であり、ヨーロッパ、
特にドイツでは循環器・呼吸器系の疾患や腫瘍・悪性腫瘍の処置に利用されていると聞きます。
インターネットを調べると、やどりぎでがんを治したという話も出てきます。

水輪に来られたお客様によると、聖なる場所にたくさんあるというような話もお聞きします。
ハリーポッターの本の中にもでてくるようで、色々なうわさのある木ですが、
水輪の敷地のあちらこちらにありますので、
場所をお知りになりたい方は、スタッフに聞いてみてください。
場所をお教えします。