2010年1月5日火曜日

1月5日 あったか暖炉

みなさんこんばんは。

今日は暖炉のお話です。

水輪ではこの時期、暖炉を焚いています。
暖炉の火は、ヒーターの温風と違って、体の芯まで暖まります。

暖炉の火を見ていると、なんとも言えない安らぎに満たされます。
自然の火は不思議ですね。
石油とかガスとは違い、人を癒す力を持っているんですね。



暖炉のまきは、自然農園の木を切った後、
1年以上寝かせて乾燥させてから使用します。
生木はなかなか燃えないのです。
切ったまきも、太いものは斧でまき割りをしてから使用します。

なにかと手がかかるのですが、
やっぱりこの暖炉があるのと、ないのでは暖かさも違います。
春先まではこの暖炉を使用しますので、
お越しになられる方は楽しみにしていて下さい。