2010年1月2日土曜日

1/2 水輪ナチュラルファームの今

みなさま明けましておめでとうございます。信州飯綱高原は冬の最中で、水輪ナチュラルファーム自然農園は
ご覧の通り、一面銀世界です。



しかし、雪の下でも春を待って、冬を越しているたくましい作物のいのちもあります。
小麦、にんにく、玉ねぎ、にら、ふき、こごみなどです。

また、写真左手前の青いホースは、穴むろの空気抜きで、
12月はじめに彫って、保存した大根や人参が眠っています。
雪の下の地中は、地温で、凍らずにいい状態で保存され、
大根・にんじんなどは、甘みが増しておいしくなります。

そして、ファームスタッフは、雪かき作業と同時並行で、
2009年の生産実績をもとにした来年の栽培計画を練り、
2010年のコース内容を検討しております。
追って、みなさまにお知らせさせて頂きますので、
その節は、よろしくお願い致します。

静寂の中にも温もりのある冬の飯綱高原・水輪もまたいいものです。
来週末は、宮島基行先生もお迎えして、毎年恒例の
新年をスタートする新春「心の探求」セミナーがあります。

みなさまのお越しを心よりお待ち致していります。

追伸 水輪ナチュラルファームネットショップ開設しました
大豆、黒豆、くらかけ豆、そば粉販売中です!
よろしくお願い致します。

文:スタッフ 山下薫