2009年12月6日日曜日

12月6日 全員集合

昨日、今日と盛和塾長野12月自主例会の合宿が水輪で開催されていました。

盛和塾は京セラ名誉会長が塾長を務められている経営者のための塾です。

日々経営者の方々は、心を高める経営を学び実践するために、稲盛塾長の経営哲学を学んで、社会に貢献しようと努力されています。

今日は盛和塾のお食事の席にスタッフ実習生が集合し、挨拶をしました。



どうして水輪に来たのか、水輪で何を学んだのか、など、手短に話をしました。

これは実習生にとっては、社会復帰に向けて実践の練習の場になります。

実際に経営者の方々の前に立つこと、自分のことを話すこと、
そういうことに慣れ、社会に出たときも、明確に自分の事を説明できるように実践で訓練しています。

今日は実習生の中でも、17歳のEさんが今の自分の心境を経営者の方々の前で話をしました。
自分はここで自立をしたい、そのためには怠け心がでても、
まじめにいかに一所懸命仕事に取り組めるか、集中して仕事に取り組めるかどうか、
そこを今実践の場で学んでいる最中です、というお話をしていました。

水輪にはこういった実践の場があります。この実践を通して、
さらに自己を深め、成長できるようになるのだと思います。

文責:久保