2009年12月2日水曜日

12月2日 人生の覚悟

今日は近所のさんぱつ畑さんがさんぱつをしに水輪に来てくれました。
水輪はスタッフ、実習生含め総勢21名います。
21名が散発屋さんへ行くと、大移動になってしまいますので、
さんぱつをするときは、いつもさんぱつ屋さんが出張で、
水輪に髪を切りに来てくれるのです。



今日はいつものさんぱつと違い、さんぱつが人生の一大決意となった、実習生のお話です。
彼女は様々な問題を抱え、今まで人生をやり直そうと、何度も試みて来ました。

今日、彼女は人生の覚悟をしました。
髪の毛を切る。
今までの人生に決別し、新しい自分で人生を再出発する。
そのために、自分が生きてきた過去の執着を切るため、長い髪を切る決断をしました。

いろんな思いがあったと思います。
この髪を切ることをきっかけに、自分の過去に決別し、
心あらたに人生を良い方向へ生きていくことができればと、
水輪のみんなが願っています。

彼女にとって、自分のすべての過去に決別し、
人生をやり直す、そういう特別なさんぱつの日でした。

文責:久保