2009年12月10日木曜日

12/10 ナチュラルファーム自然農園の今

みなさま、こんばんは。
水輪スタッフの山下と申します。
普段は、事務作業を主に担当しておりますが、
時々、農園にも出ており、今日は、農園の見回りを朝行いました。
その中から、農園の今を少しご紹介させて頂きます。

自然農園は、現在雪が積もる前の後数日の間に、来年に向けての
大切な準備をがんばって行っています。

その1 ぶどうのわら巻き
ぶどうの栽培は私が担当させて頂いており、水輪の会員さんで
ぶどう園を経営しておられる二宮修さんからアドバイスをいただき
育てております。

信州飯綱高原の冬は、ぶどうには少しだけ寒さが厳しいため
大切にわらを巻いて、寒い風にあたるとかかってしまう眠り病という病気から
ぶどうたちを守ります。



農薬を使用しないぶどう栽培は、私どもが知る限り実践例がなく、
試行錯誤をかさねておりますが、おいしいぶどうが数年後には
実るよう、愛情をこめて、頑張って育てたいと思います。


その2 小麦の種まき
来年7月の収穫に向け、11月上旬に小麦の種まきをしました。
小麦の栽培は3年目で、これまでの経験を踏まえ、
もっともよい生育をしてくれています。
来年の収穫が今から楽しみです。



農場長の祢津さんを中心に、来年の豊作をイメージして、
一年の締めくくりを頑張りたいと思います。
ありがとうございました。



自然農園からの日の出