2009年10月26日月曜日

10/26 いのちの森診療所

みなさん、こんばんは。
またアップが遅れてしまい、すみません。
昨日で巽信夫先生の、第三回実践カウンセリング講座が終了致しました。
私も講座に参加させていただき様々な思いに打たれました。

さて、その感想は追々お伝えすることとして、今日は重大な発表があります。

これからの水輪はぐんと大きくなります。
今あるものを捨てずにより良く生まれ変わる、reborn( re : 再び born : 生まれる)再生の時期、生まれ変わりの時期に入りました。
今まで蒔いたこころの種が芽をつけはじめてきているのだと思います。
そこに新しいひかりが射し込み・・・花開く。
花が咲くまでは、もう少しばかりかかりそうですが・・・

巽信夫先生を中心として、ここ、飯綱に「いのちの森診療所」を塩澤研一夫妻、水輪スタッフ&実習生をはじめみんなで創っていこうという計画が持ち上がっています。
先生のお人柄を伺ってもとっても温かい診療所になりそうです。
こころは生き物。
こころが本来持っているポテンシャルをアップさせ、薬の力だけではなく、自然治癒力で、私たちが生まれたときの純粋なこころを取り戻しいける、そんな場所。
大人も子供も疲れたとき、みんながこころをフリーにして行けるそんな場所。


子供には、夢を・・・
大人には、愛を・・・
迷っている人には、気づきを・・・
疲れている人には、癒しを・・・
そんな光の在る場所です。


こころやからだにハンディがある人も、みんなで共に生き合える世の中になるといいですね。
そんな場所を提示していければと思っています。