2009年6月3日水曜日

6月3日(水) そうじ学〜自分の中の小宇宙〜



みなさん、こんばんは。

今日の飯綱は曇り空のお天気でした。

今週末はアンピールさんのセミナーが行われるので、その準備に入りました。
全館清掃!!
森のしずく→オアシス→水織音→水輪
と、一気に今日で終わらせます。

今日もお掃除をしていて色々思う事がありました。
わたしは、水輪に来た当初はお掃除をしていても、頭の中の9割が雑念でいっぱいでした。
今はといいますと、大体7割くらいが雑念ですが残りの3割が何も考えず"無”になってワークに熱中している自分がいる事に気が付きました。
雑念にとらわれない自分を発見して嬉しくなります。

水輪の塵ひとつない清潔な館内は、私たちの心がくもりのない空間を作り出しているのかもしれません。
今日のお掃除で、私は"無の境地”というものに少し触れる事ができました。

この様々な情報や物たちが溢れている日常で、私たちが"無”になれることって一体どれだけあるでしょうか。
無になるってすごく難しい。
物が無い中で無になるのも、自分の頭の中に溢れるものがあったらなれません。
ましてや、自分の周りに物が溢れていたらもっと難しいと思います。
どこにいてもなかなか"無”にはなれないものです。
でも、今日お掃除をしていて少しだけ無を感じる事が出来ました。
すごく、すごく何かに集中しているとそのものと自分が一体になるんです。
そこが自分の中にある無の境地すなわち、小宇宙なのです。
"無”は物質的には何も見えないけれど、何かが存在しているのです。
それは宇宙ととてもよく似ていると思います。
雑念にとらわれない自分。

何かに集中していると、言葉では言い表せないほど頭の中、いや、こころまで澄んでいますよね。
それはこころの中に広がる無限の宇宙を感じているからかもしれないのです。
そこに触れることによって手にできるものは、真の自分。
無は自分の中にあるのです。
自分の中に果てしない宇宙が広がっている。
そう思うと人間の無限の可能性を考えたりして、すごいなと思ってしまいます。

今日は掃除の中から宇宙を考えるそうじ学でした。
アンピールさんのセミナーでもワークスタディーのお時間が設けてあります。
セミナーに参加されるみなさんも自分の中の小宇宙に触れてみませんか。
こころの中に広がる小宇宙を感じられるはずです・・・