2009年6月16日火曜日

6月16日(火) 種まき〜水輪ナチュラルファーム情報〜



今日、日常断食でお世話になった宮島基行先生からメールがありました。
「水輪断食翌日、千二百年で初めて比叡山座主が高野山に登山参拝されました。」
これはとてもすごいことですよね!!
宮島先生、メールありがとうございました。

・・・・・・・・・・

みなさん、こんばんは。
今日のファームは昨日に引き続き、みんなで豆の種まきをしました。
黒豆を蒔きました。
途中豪雨が襲って来てビニールハウスに避難しました。
何やらコツコツ音がすると思って、ビニールハウスから外に出てみると、ヒョウが降っていました。
ヒョウは外に出ていた苗を冷やしてしまうかもしれないので、一つ一つの苗をチェックして夏野菜の苗を寒さから守りました。
夏野菜の苗は何とか守れたのですが、インゲンの種の土が流れてしまいました。
せっかく植えたインゲンの種がダメになってしまわないように、こっちも一つ一つくまなく調べて土をかぶせてやりました。
お野菜を育てるってすごく時間と手がかかるんですね。
でも、やりがいがあります!!
美味しいお野菜を食べて喜んでいただける皆様のお顔を思い浮かべて、
「元気に育つんだよ!」
と、土をかぶせてあげました。
研先生もおっしゃっていたようにお野菜に語りかけて愛情を注いで育てると、やっぱり生き物なのだから何か繋がると思うんです。
野菜だって生きてるんだ。
同じいのちなんだ。
今日蒔いた黒豆とインゲンが大きく、おいしく育ちますように!!