2009年6月15日月曜日

6月15日(月) 限界と可能性。



みなさん、こんばんは。
今日は、豆類の種まきをしました。
大豆、黒豆、くらかけ豆を蒔きました。
朝から夜までの長時間畑に出ていて様々な事を思いました。
それは、昨日研先生がお話されてみんなでディスカッションをした「人には限界があるか」という話です。
私は、今日自分の限界を感じそうになり何度も何度も自分に喝を入れました。
人間の可能性は無限大。
出来ないと言うのは、自分で限界を作る為の自己弁護だ。
能力はなくても、限界を作らない人がリーダーになる。
自分は出来るといういい思い込みが必要。
自分で自分を追い込む。
限界はないという意識にならないと全ては動かない。
何度も何度もこの事を思い、精神的にも体力的にも限界を感じたけれどやり切りました。
終わった後はみんな何かをやり遂げたという充実感でいっぱいのすごいイイ笑顔をしていました。
人間として命を与えられたという事は他の命を食いつないで生きている。
私達に命を与えてくれてありがとう、とお野菜たちにお礼をいいながら種を植えました。

限界は自分で作っているもの。

やれば、やろうと思えば、何でもできるものだと、またひとつ体験しました。