2009年5月1日金曜日

お野菜定期便ができるまで〜手作りビニールハウス編〜

こんばんは。

今日は水輪ナチュラルファームのビニールハウスをレポートしたいと思います。

ファームにあるビニールハウスは、ただのビニールハウスとは違うんです。

実は、手作りのビニールハウスなのです!!

ビニールハウスって作れるの?!と、思いますよね。

作れるんです!

研先生と男性スタッフ・実習生のみんなで作りました。

簡単にですが、レポートしたいと思います。


・・・・・・・・・・・


まずは、骨組み作りから。



ひとつひとつ崩れない様に丁寧に組み立てていきます。



ハウスに風を通す為みんなで支えています。



ビニールをかけるのも大変そう。


完成!!





って、写真と説明だけじゃ簡単に作れたように見えますが、裏には何度も何度も一からやり直したりと、とてつもない苦労があったみたいです。

さてさて、このビニールハウスで今年は色んな作物・植物を育ててより一層生産の幅を広げていきたいと思っています。

ハウスではもう苗を作っていますよ〜。

主に夏野菜の苗だそうです。

トマト、なす、ししとう、バジル、てんさい、などなど♪

美味しそうですね〜^^

お野菜パックが充実しそうですね!!

では、ビニールハウスを作ったみんなに感想を聞いてみました☆

慎吾/17歳

大工でもない僕達が、こんなに大きいものを組み立てられるとは思わなかったです。
経験が誰一人としてなかった作業だったので沢山の壁がありました。
でも、完成してみるとものすごい達成感と充実感がありました。
これからのファームに役立っていくビニールハウスを作れて本当に良かったです。

陵太郎/17歳

最初はビニールハウス作りを甘く見ていて、何回もやり直しをしました。
とても大変でした。
自分の責任のなさを感じました。
形は整ってはいませんが、それなりにきれいなビニールハウスができた事で自信がつきました。
達成感は、すごくありました。

航介

鉄管を刺していく幅を正確にしないと形がくずれる。
当たり前のことだが1㎝単位でやっていくのは根気がいることだった。

山下

中古のビニールハウスをゆずって下さる方を探していました所、いつもファームの野菜の販売先を紹介してくださっている(有)グランジャの皆様にご紹介頂き、小川村の農家の方に譲っていただけることになりました。
スタッフ一同でとりにいき、奮闘して皆で建てました。今年から苗作りも自分たちで頑張ります!!

久保

イメージしていたものよりもかなり大きく、最初建てた時は支柱が波打ってしまって上手くいかなかった。
きちんとビニールを張ってきれいに立派なものが出来たときには感動しました。
ハウスが出来るとすぐに中の気温が上昇し、ビニールに水滴が付き始めた。
本当に立派なビニールハウスが出来たと思った。

祢津

失敗を何回も何回もして、何回も何回もやり直して、それでも最後はビニールを張ることができ、完成まで至ったことは本当に嬉しいです。
ビニールハウスを一から建てることにより、ひとまわり大きくなれたように感じています。
今度は大きな農器具小屋を作りたいです。

・・・・・・・・・・

みんなで何か一つのことを作り上げるということは、堅い結束がないと出来ませんよね。

このビニールハウス作りは本当にみんなの心に残るかたい絆として残っていくと思います。

最後に、笑顔でパチリ!



みんなすごくいいスマイルを見せてくれました☆

これから、ハウスからもいろんなお野菜たちをみなさんのもとに届けたいと思います。