2009年5月19日火曜日

窓拭きでこころを磨こう

みなさんこんばんは。

今日の飯綱は温かく過ごしやすいお天気でした。

��月の初めまでは雪が降っていたのに、そんなことはみじんもかんじさせないくらいに春が満開の今日この頃です。

水輪の周りにはカワイイたんぽぽのお花畑が広がり、とっても美しいです。

今日は、明日から来る生活クラブ様への準備で朝から窓拭きなどをはじめとする館内清掃をしました。

朝から窓をピカピカにするって気持ちがイイんです☆

最近窓拭きの楽しさが分かってきました。

知っています?

窓拭きって奥が深いんです。

水輪の窓って本当に曇りがないんですよ。

みなさん口々にキレイだとイイますが、私もあの窓を人が磨いているとは思ってもみなかったです。

というのも、本当にピカピカなので機械を使っているのかなと思っていました・・・(- -;)

でも、ただの雑巾で拭いているんです。

洗剤も使っていないんですよ!

窓拭きってこころが写るんです。

朝、眠気と戦いながら窓拭きをすると何故かキレイにならないんです。

ケバケバ(ほこり)がたっぷりと・・・

なんでよー?!と、がむしゃらにやってもまた、ケバケバが・・・

でも、こころが澄んだ状態でやると、

ほら!

ピカピカに。

不思議ですね。

窓拭きのときの自分のこころをよーく観察してみると、ケバケバが立っているときは色んなことを考えながらやっている状態でした。

反対に、ピカピカのときはこころがまっさらでした。

雑念を消し、消し、やっています。

窓拭きは、こころを磨いているのかも知れないな、と思いました。

今日は、水輪のお掃除(動禅)のお話でした。