2009年5月27日水曜日

階段作り



みなさん、こんばんは。

今日の飯綱はお昼まではとっても良いお天気でした。

今日のお客様は、こけ玉作りを外でやったりファームで気功をやったりとこのお天気をエンジョイしていたようです。

小鳥や虫の鳴き声がとっても元気に響いていました。

この前まで雪が積もっていたのにもうすぐ夏が来るんだなぁ、としみじみしてしまいました。

さて、先週の中村敬子さん主催のヨーガ合宿に講師としてお招きいたした梅田和江さんからメールをいただきました。

それを少しご紹介したいと思います。

〜梅田 和江さんからのメール〜

水輪の皆様へ
とても楽しい滞在ができました。色々ありがとうございました。
私のホームページに日記を書きました。
クリック→梅田さんのブログ

また、8月に行きます。計画はこれから。
水輪に行けることが嬉しいです。
水輪とのご縁に感謝しています。
お会いできなかった、みどりさんに宜しくお伝えください。

梅田 和江

梅田さんメールありがとうございました。
ブログにも水輪の事を載せていただいて大変嬉しいです。
宇風想セミナー楽しみにしていますね。


・・・・・・・・・・



��月森のフリースクールいのちの森の学校開校に伴い、新館の「森のしずく」が立てられました。

でも、改装工事が中途半端だったため、道路から森のしずくへの約40メートルの路は泥道のまま、整備されずにほったらかされていました。

そこで研先生が指揮をとり、階段作りをしました。

水輪には手作りのものがいっぱいあります。

廊下や部屋の壁掛け、オブジェからビニールハウスまで!

そして、森のしずくまでの階段。

多分これが一番大きいハンドメイドのものですね。

かなり苦労して作った階段作りのレポートをご紹介したいと思います。

〜スタッフ・久保さんのレポート〜

階段をつくろう、そう決まってから約1週間、ひたすら、地面をほじくり返し、枕木をしいて、最後には砂利を敷き詰め、やっとのことで約40メートルの階段が出来上がった。階段をつくるさい、木のくいをうつのだが、地面の下には水道管が埋まっている。代替この辺に埋まっているとはわかっているが、まんがいちくいでうちぬいてしまっては一大事。そこで地面の下約1メートルのところに埋まっている水道管を掘り当てて場所を確認したり、地面をほじくり返す際、岩がごろごろでてきたり、工事は難航した。3人がかりで1日10段つくるのがやっとである。階段が出来てやっとじゃりを敷いたが、砂利しきも重労働であった。




掘って、掘って。まくら木を運んで、敷いて。木を脇に植えました。














周りの木の緑が良く栄えた素敵な階段になりました。

頑張ったみんな、本当にお疲れさまでした!!

みなさんも水輪にお越しの際は是非この階段を見てみて下さいね^^