2009年4月28日火曜日

お野菜定期便ができるまで〜水輪ナチュラルファーム情報〜

こんばんは。

今日の飯綱は、かなり肌寒く春の気配は少し遠ざかってしまいました。

でも、水輪スタッフは元気・元気!!

朝から走り回っていました。

今日のワークは主に、苔玉作り・館内清掃・ジャリ運び&ならしでした。

寒い中頑張りました!!

水輪に来てから、私の仕事に対する考え方は目から鱗が落ちる思いです。

こんな清々しい思いで、仕事に喜びをもてるなんて、本当に人生が変わりました。

集中力も仕事を丁寧にやることも、集中力も迅速力も身に付いてきました。

外側のことばかり求めていた私は、青い鳥はどこを探しても見あたらず、求めては黄色い鳥だったり

赤い鳥だったり、黒い鳥だったり自分が本当に求めているものには出会えませんでした。

やっとここに来て青い鳥は自分の心の中に住んでいるんだと思いました。

水輪という場所は、自分を振り返られる場所、自分を 静かにみれる場所、希望が沸いてくる場所と

スーザン・オズポーンさんが言っていましたが、本当に私も日々実感しています。

人生で悩んでいる人、迷っている人、空しさを感じている人、ぜひ水輪にいらしてください。

スタッフや実習生との交流も実際の体験が聞くことができ、とても楽しいです。

ワークの様子はまた今度紹介したいと思います。

・・・・・・・・・・・

今日は、昨日お伝えしたように水輪ナチュラルファームのお野菜定期便ができるまでを順々に紹介していきたいと思います。

水輪ナチュラルファームは、この壮大な飯綱山のふもとにあります。


飯綱山とそば畑

広さは、五町歩(5ヘクタール)の広大な農地です。

ファームの周りも芽吹いてきました。



こちらは、ふきのとうです。



天ぷらにしたら、ほろ苦くとっても美味しかったです。

こんな芽も出てきました。



なんだろう??何が出てくるか楽しみです。

明日は、ビニールハウスをレポートしたいと思います。

飯綱は例年5月に必ず霜が降ります。この霜が降りてからでないと種を蒔けません。

そこで今年は、できるだけ早く皆様に安心で安全で最高においしいお野菜をお届けしたいと思い、

種を育てるビニールハウスをみんなでつくりました。

ビニールハウスはグランジャの三水さんとそのご友人よりいただいたものです。

大きなビニールハウスで、高価なものです。
三水さん 本当にありがとうございました。

みんなの汗と涙(?)の結晶のビニールハウス、はりきってレポートしたいと思います。

お楽しみに!!