2008年4月4日金曜日

早穂理ちゃんの誕生日

おはようございます。
昨日は早穂理ちゃんの誕生日でした。

早穂理ちゃんは33歳になりました。
入院中、主治医の先生よりもう数日の命と宣告された時、もうじき誕生日なのに、もう誕生会はできないのだと涙したのが嘘のようです。

今日は長文になりますので、下の“もっと読む”をクリックして下さい。

夜はお誕生会でした。
スタッフ・実習生のお誕生日は必ずみんなでお祝いしてきたのですが、入院中は早穂理ちゃんが苦しんでいるのに自分たちだけ楽しむなんて気はありませんから、当然お誕生会はしませんでした。
ですから、昨日は早穂理ちゃんだけではなく、入院中に誕生日を迎えた5人も含めた誕生会だったのです。
ドーンと大きいお誕生ケーキ。チョコプレートには6人の名前が書いてあります。
ケーキは研先生の中学生からの友人で、長野市で「モンドール」というケーキ屋さんをされている安久井さんがいつも作って下さいます。質のよい素材と添加物などを全く使用しない安全で安心なケーキは本当に美味しいです。

それから早穂理ちゃんに届いたお花の数々。
たくさんのお花を本当にありがとうございました。
お誕生会は定番の手巻き寿司・サラダ・胡麻和えなどに加え、先生方より80日間の感謝の気持ちと実習生たちからの希望で「世界一おいしいステーキ」をいただきました。
みんなの喜びの顔をご覧下さい。
みんな真剣に食べてます。このときばかりは…寡黙です(^_^;)
「本当においしー、幸せー」と堪能している真琴さんと真希さん
「うまい、最高」と食べる航介さん・拓さん・一郎さん
「最高に幸せです」と祢津さんと久保さん
「本当にうまいです」と陵太郎さんと山下さん
「さすが世界一のステーキ」と理恵さん、ハッピーバースデーを歌うみさ子さんと夕子さん
“よるまる”早穂理ちゃんはこの時間おねんねです。でもママの膝の上でうれしそうにほほえんでいました。
80日間の入院と奇跡の生還の後ということもあり、感動もひとしおでした。
その後はお祝いの言葉を交わしたり、抱負を述べたり、満腹のお腹を抱えながら最高の笑顔でした。