2008年3月11日火曜日

(^_^)v退院しました(^_^)v

久々のななかまどの部屋、春の日差しがまぶしそう

皆様、本当にありがとうございました

皆様のおかげで、早穂理ちゃんは無事退院いたしました。

��ヶ月以上という長期入院も本日でピリオドです。“荷物運び隊”の久保さんと航介さんが朝から日赤へ向かいました。
退院間際に記念撮影

飯綱へ帰る間の感染予防に、始めてマスクをしました。
なんか“変な感じ”らしいです


お世話になった若松先生を始め、看護士の皆様に見送られ、寝台タクシーで水輪に戻ってきました。
今日の飯綱は春らしい暖かな日差しと真っ青な青空。よいお天気でした。
水輪に到着する頃からうれしそうにニコニコ笑顔です。
タクシーからお部屋へお運びシートで、ななかまどのお部屋(早穂理ちゃんのお部屋の名前です)のお布団までお運びです。始終笑顔の早穂理ちゃんでした。

一時はもう戻れないかもしれない状態にまで悪化しただけに、みどり先生も研先生もスタッフも無事、自分のお布団に戻った早穂理ちゃんを見てホッとし、感動で涙があふれました。

みんなから「早穂理ちゃんおかえりー」と言われると、うれしい時にする彼女独特の喜びの表現を口で鳴らします。

再び早穂理ちゃんは飯綱に戻ってきました。
みんなのために帰ってきました。

とにかくうれしいです。表現できないほどうれしいです。
本当に 本当にありがとうございました。
飯綱に戻ってきました。遊びに来てねー