2008年3月31日月曜日

特注カニューレ

おはようございます。
早いもので3月も今日で終わりですね。
春めいてきた飯綱ですが、ここ2、3日は雪が舞うなど少し肌寒く、
暖かくなり浮かれている心をたしなんでいるかの様です。
たまにはアップで。(^_^)いい顔色です。

早穂理ちゃんはご覧の様に、少しずつですが順調に回復しています。
先日、特注で作っていただいた“カニューレ”が届き、早速気管につけました。
装着した後なので、どこが特注か判らなくてすみません(^_^;)

早穂理ちゃんが気管に装着する医療器具は「レティナ」と「カニューレ」の2種類があります。
元気な時は「レティナ」というあまり喉に負担のかからない器具をつけます。これは蓋の部分にスピーチバルブというものを取り付けることで、声が出せるのです。

「カニューレ」は管を喉に入れる形の物なので、喉への負担も大きく、声を出すことができません。
それがこの“特注カニューレ”は声が出せる仕組みになっているのです。

久々に聞く早穂理ちゃんの声にみんな大喜び。
早穂理ちゃんもうれしそうに声を出しています。
けっこうひょうきんで、「だ・だ・だ…」と音階を変えながら言ってみたり(歌を歌っているかのようです)、お腹から出す大きな声で1、2分ぐらい「おえー、えっえっえっ」などとお話してみたり、私達を楽しませてくれています。

ママにコチョコチョとされて、くすぐったくて笑っているところです

このところは“よるまる”です。昨日は夜の9時ごろ起きました。
今(朝7時)は夕食中です。元気に「ディディディ…」と声をだして喜んでいます。
早穂理庵にそんな幸せな空間が再び戻ってきました。