2008年3月2日日曜日

3/2 今日のさおりちゃん

早穂理はステロイドを抜く最後の挑戦をしています。2月1日から6日間大量に入れたステロイドを2月7日から徐々に減らしはじめて今日3月2日で2.5ミリです。あと二日ほど2.5ミリを投与するのですが、完全にゼロになるかは未定です。体調もやや不安定なところもあり、主治医の若松先生も慎重です。
ステロイドを抜く時はとても大変なのだそうです。ちょっとお顔がムーンフェース気味な早穂理ちゃんです(;_;)

先生や看護士さん、リハビリの先生もあそこまでいった患者さんで生還した人はいなかったと言っていますので、やはり慎重にならざるを得ないのだと思います。これも早穂理を応援して下さった皆様のお陰です。入院も70日を過ぎ、12年前の80日を越えそうです。大変さは変わりませんが、多くの学びがあったと思います。退院できた時にはこの間の学びを検証したいと思っています。

文:塩沢 研一

皆様、どうか早穂理ちゃんへの“光のお祈り”を引き続きお願い致します。
奇跡的な状態にはあるものの、まだまだ気の抜けない毎日です。
どうぞよろしくお願い致します。