2007年10月30日火曜日

はじめての味噌づくり

先週、初めて味噌づくりを体験しました。
昨年ファームで収穫された大豆(もちろん無農薬です)を一晩水で戻し、翌日柔らかくなるまで、茹でていきます。

一晩水に戻した大豆(ボウルからあふれています)



茹で終わった大豆

ここで登場するのがこの機械、茹でた大豆を砕いてくれます。上の穴から茹でた大豆を投入し、下の無数の穴から粘土状の大豆が出てきます。


そして麹です。今回は長野市の麹屋さんにお願いした米麹です。
��来年はファームで採れた麦で麦麹を作る予定です)



この麹と塩と大豆のゆで汁をまず混ぜ合わせます。


しっかりと混ざったら、粘土状の大豆と混ぜます。

けっこう力のいる仕事です。全体にしっかりと混ぜていきます。なんとなくこの作業が一番味噌づくりを実感できる気持ちになります。

そして味噌玉を作り、樽の中へ詰め、塩と布をかぶして終了です。これで約一年寝かせます。


今のような機械のない時代、全て手作りでいろいろな食材を作ってきたことを考えると本当に頭が下がります。スーパーへちょっとお買い物で買えるのが当たり前な感覚の私たちも、こういう事を体験することで食べ物の大切さ、ありがたさを身にしみて体験できます。
食べられるまで一年先です。この苦労は作り手の中で更においしさとなるのだと感じました。

飯綱の紅葉もピークが過ぎ、色とりどりの木々の葉が地面を覆います。今日は先日収穫した大豆を脱穀します。たくさんある大豆の加工品をこの先どんどんと手作りで作っていきたいです。

11月の下旬か、12月の上旬は恒例の野沢菜漬けです。2日がかりの作業ですが、今年も沢山のお菜を漬ける予定です。楽しみにしていて下さい。